トライウェル 駐車場に魂をふきこむプロフェッショナルチーム

弊社からのご案内

「施設付属駐車場における施設・一般利用を区分けるゲートとは!」

例えばホテル付属駐車場において、ホテル利用だけでは明らかに空き車室が
産まれるであろう大規模の駐車場は、多々存在するかと思います。
これは平日・土休日等、日によって利用が大きく変化するものでもあります。
又、パチンコ店の付属駐車場でもそういう光景はよく目にするものです。
かといって、どのような利用になるのか、これは日々の有り様、
施設のサービスの有り様によって、その使われ方は変わってくるはずです。

駐車場出入り口に設置されるゲート、このゲートに、当社独自のソフト詰込み、
今回、新たなゲートシステムを計画しています。

入口ゲートには、施設利用発券ボタンと一般利用発券ボタンを設置し、各々の
満空設定を当社独自ソフトで行い、日によってその満空設定台数を可変させながら、
まず、施設側利用を最優先としつつ、空いた車室を最大限一般利用にて活用する、
こういう考え方の基に、このゲートシステム構想を練り上げました。
悪意に施設利用で入庫した一般車両には、最大料金の恩恵を受けれなくする等
こういう対応も同時に設定すべきだろうと考えます。

何より、重要なことは、その主役の施設利用を最優先にする、ということです。
お客様利用車室を間違いなく確保した上での、一般利用の最大利用化へ。
これも日々の丁寧な利用モニタリング行動で可能にすることになります。
これは、当社、オーバーブッキングビジネスの一つの産物であります。
(オーバーブッキング運営とは、将来はAIで簡単にできるであろう運営を
現在は、当社社員の日々の丹念なモニタリング行為で実現しています。)